保護者会サステナme

森のようちえんウィズ・ナチュラの保護者からなる

この保護者会サステナme。

世間で言う“ママ友”の枠を超えた、

同じ想いを抱く者たちの集まりです。

ようちえんのスタッフとは

別のカタチでようちえんを支え、

盛り上げ、持続可能な日々を目指して活動しています。

私たちのほとんどが現代社会においては専業主婦という

言葉で片付けられてしまう立場ではありますが、

1人1人が自分を見つめ、問い続け、自分の足で立ち、

仲間と支え合う、個性溢れるお母ちゃんズ。

どったんばったんと賑やかな、

笑いあり涙ありの日々を

今日も前のめりで楽しんでいます。

アースデイ奈良2021に出展してきました!


毎年4月22日は、アースデイ(地球の日)。
1969年ユネスコで提起されて以降、世界各地で地球に想いを馳せ、持続可能な社会にむけ行動・表現する日となっています。

奈良でも先日4/24㈯、"自由自在〜わたしサイズのくらし〜"をテーマにした展示・物品・食のブースが並ぶイベント『アースデイ奈良2021』が開催されました。

私たち、森のようちえんウィズ・ナチュラの保護者会サステナmeも3月にブース出展参加を決意。
そして出展を終えるまでに、チームにとって・チームを構成する私たち1人1人にとって、とっても大切なプロセスが散りばめられていました!
その軌跡を報告します。

①出展…する?
アースデイ、参加する?というメンバーの投げかけから個々に向けられた矢印。私(たち) に何ができる?何がしたい?という問いから、以下の想いが出てきた。
・自然とともに子どもを真ん中に過ごす私たちの活動を知ってもらい、来場者や他の出展者さんと繋がりを持ちたい
・ワークショップの開催やお母さんの手しごと品(どんぐりアクセサリー、へちまたわし、もんぺ等)を販売して保護者活動の運営資金(季刊誌の印刷代やようちえん行事の費用等)を稼ぎたい

"アースデイ"そのものがピンとこないメンバーもいるけど、まずイベントに参加してみることで、自分ごとになってくるのでは…という可能性も秘めながら、チームとして出展することを決めました。


②さて、準備!
目的を確認したうえで出てきた「やりたい!」
・活動紹介(季刊誌の展示)←知ってほしい
・紙漉きワークショップ←来場者に体験の機会を
・松ぼっくり釣り←体験の機会&客寄せ
・自然物を使った商品の入るガチャガチャと物販←運営資金を稼ぎたい

できる人ができることを、やりたい人がやりたいことをが基本の私たち。
紙漉きのために押し花をつくったらどう?どんぐりアクセサリーの新作どう?シフト組んで子どもの見守り合いしつつ密を避ける工夫をしようか?ブース配置はこういう感じどう?それぞれの得意を生かしたアイデアが溢れ出す。
そんな姿を脇目に、自分のやりたい!が出てこないメンバーは主体的に動けないもどかしさを抱いたり…。けれど、準備に参加していく(行動してみる)ことで、自分にできることが見つかり、自分ごとになっていく。
そして、何かに向けて一緒に準備をする(=共に行動する)中で『何を大事にしたいか?』の共有が進んでいきました。必ずしも完璧なスタートを切らなくてもいい、その過程で得られるものも大きいのだと体感しました。

やりたいことをやる、できないことはしなくていい、心と身体が向かないときは休めばいい…それぞれがありのままでいい。ありのままでいいからこそチームとして大事なことは、お互いの状態や想いを知り合うこと。その上で、目的を達成するために、フォローし合う。ここを大事にしている私たちのチームは、優しくもあり…ある意味厳しくもあり…強いなぁと思う。

③コロナ感染拡大…どうする!?
数日後にイベントが迫る中、奈良県下のコロナ感染状況が深刻になり、出展辞退者も出てきた。私たちは、どうする?

まず各々のコロナ感染への不安を出し合うところから始めました。仕事をしている人、重症化リスクの大きい人、そこまで意識してこなかった人…いろいろな立場からの想いを知り合う。そして敢えて、この状況の中で目的を達成するやり方はないだろうか?を試行錯誤してみる(やりたいことを簡単には諦めない私たち。笑)

 

イベント会場に行くことに気が進まない人は行かないで済む方法を考えてみる→最少人数(なんなら無人)でできることは?
感染リスクを避ける方法を考えてみる→金銭受け渡しや接触の可能性高い物販とワークショップ開催を諦めて展示のみにする


やりたい!がやれなくなったモヤモヤも感じつつ、各々の選択を尊重したうえで、チームとして大事にしたかった優先順位をみんなで確認。外部に発信しつながることを第1に考え、運営費を稼ぐことは今回は諦めるが、他の出展者さんや個人と知り合うことで間接的に生み出せるもの(お金だけではない循環)があると考えた。

"チームとしてどう魅せる?"は"個々がどう在りたい?"への問いかけとなる。そこをチームで深められ、『自立した個の集合体としてのチーム(コミュニティ)』を体感できたことは貴重な体験でした。
予定通りにいかなくなった事態を、私たちチームの成長のチャンスに変えられたかな…と。

④アースデイ当日
展示のみというシンプルな形態になったからこそ、伝えたい想い・繋がりたい気持ち・人そのものや体験を価値としている点が際立つブースとなりました。
そしてイベント出展は、人と人が出会える場であること、社会の中の自分たちの立ち位置を体感できることに参加意義があることを知れました。
当日ブースでは、みんながそれぞれにできること(設営・広報活動ほか)に力を発揮。

出展して良かったと思う部分は多いけれど、仮に出展しない判断をしたとしても構わなかった。みんなで納得できる形を模索し一定の答えを出せたことが何より良かった。
どんな状況でもクリエイトしようとする柔軟さや、その中でも自分の願いを叶えていくこと(自分の挑戦したい気持ちを大切にする)の面白さを学んだような気がします。


⑤イベントを終えてみて…
やりたいこと(ワークショップ)をやれなかったモヤモヤが残っていたメンバー。まぁ仕方ないか!と流さずに、このモヤモヤの真意は?と想いの元を掘り下げる姿がありました。
『みんなが安心できる形での出展』…具体的には、ブースに興味を持ってくれた人たちといろんなお話をしお互いを知り合うこと。自分はそこ(やりたいことを諦めたその先のチームとしての行動)を体験しきらなかった、そこがモヤモヤの元だったのかなぁと行き着いたそう。
そこまでをやって、個々が次につなげる。

森のようちえんウィズ・ナチュラのコミュニティは、
ありのままで居られる場所
安心して居られる場所

ここを日々、子どもたちを真ん中にした出来事(保育や子どもの心の動き)から感じ、母たちもようちえん運営の一端を担うチームとして体験し、
私たちが生きる社会全体がこのようであればいいなと願い、発信し、行動する。

この大切さ・面白さを感じるプロセスが今回のアースデイ出展にはたくさん詰まっていました。

毎年変わる保護者会のメンバー。今年はどんなチームになっていくかな!?
大人たちも、子どもたちに負けじと、育ち合っています♫

 

年中児保護者 りえぽん

 

 


昨年は会場での開催はなかったアースデイ奈良

今年は4月24日(土)奈良公園 登大路園地にて開催決定!

私たち保護者会サステナmeも出店します!

新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、予定しておりました「紙漉き体験」、松ぼっくり釣り、保護者会の有志によるどんぐりアクセサリーや子ども用もんぺなどの販売はせず、私たち保護者会サステナme 及び森のようちえんウィズ・ナチュラの活動紹介の展示をさせていただくことに決定いたしました。

ご来場の際は是非お立ち寄りください。


森のようちえんウィズ・ナチュラ

保護者会サステナmeの活動紹介動画


森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様