ウィズ・ナチュラとは


『親子で共に育ち合う』

奈良の豊かな自然環境の中で、子どもたちひとりひとりが持つ無限の可能性の芽が出るのを信じて見守りながら、親や先生の役割を超えて、全ての大人たちも共に育つ『共育の場』として、2010年に活動をスタートさせました。

森のようちえんウィズ・ナチュラは、園舎を持たず年間を通して四季折々の豊かな自然の中で、子どもたちの主体性を大切にした保育活動をしています。

 

地域の方々とも連携し、日本の原風景に子どもたちが走り回る姿を取り戻していきたいと願っています。

子どもたちが大人になったとき、思い出される記憶の中にその風景が浮かび、人間としての確かな土台になっていると信じ、地域や国、世界、地球に生かされている命の本質としての感性を育んでいきたいと思います。



『保育理念』


●子どもひとりひとりの持つ無限の可能性と成長のプロセスを信じて見守る

●自然の中でただ遊ばせるのではなく、子どもの自主性と心、体を育む保育実践

●生きとし生けるもの全てへの感謝の気持ちを育み、人としての在り方や生き方を学ぶ



「森のようちえん」とは、デンマークで一人のお母さんが子どもを森の中で子育てを始めたことから、ドイツなどヨーロッパに広がりました。

日本にも今はたくさんの活動団体があります。

私たち「森のようちえんウィズ・ナチュラ」は天理市高原地域に活動フィールドを持ち、年間を通して野外での保育を実践しています。
雨の日もカッパで外で活動します。雨の日は雨の日にしかできない遊びや出会えない生き物がいます。
何と言っても子どもって、水たまりにバシャバシャ入るの大好きですよね?

私たち大人も、子どもの頃は必ず一度は服も靴もびしょ濡れになって遊んだ記憶があるのではないかなと思います。大人に叱られながらも、、、。

 

子どもたちが本能で遊びを見つけ、とことん遊びきる。
そんな体験を、幼児期にたくさんさせてあげたいと思っています。
森のようちえんでは、「ダメ!」「危ない!」は極力言わず、大人は口はチャックで手は後ろで見守ります。

命の危険がある場合は大人が介入することはありますが、ケンカもとことん見守りながら、子ども同士で解決したり、納得するまで待ちます。
これは、大人にとっては、ケンカが起きそうになる前に止めることより、とても忍耐がいることです。
ついつい、「ごめんなさい」を言わせてその場しのぎの対応をさせてしまいがちですが、

ケンカにも理由があるし、とことんやりあった子どもたちを見ていたら、謝ることをゴールにしたくないなと思うことばかりです。

私たちが掲げる理念に「子どもひとりひとりの持つ無限の可能性や成長のプロセスを信じて見守る」というのがあります。

目の前にいる子どもを見て、初めて大人のやるべきサポートが見えてくるのが本来の保育。

誰のための保育であり、誰のための幼稚園なのか。

私たち「森のようちえんウィズ・ナチュラ」の保育は、真ん中に子どもたちたちがいます。

そして、大人は子どもにとって一番影響力のある「環境」の一つです。

子どもたちの育ちのために環境を整えること、それが大人の役割でもあります。
まずは、その「環境である大人」を整えること。大人が自分らしく生きること。
どんな保育をするかより、環境である大人の私たちの在り方やどう生きていくか、それを考えることが大事だと思っています。

育児は育自。
子どもも大人も共に育ち合う共育の場。

 

森のようちえんはそんなところです。

 

森のようちえんウィズ・ナチュラ 代表 岡本麻友子



団体名   森のようちえんウィズ・ナチュラ

代表    岡本 麻友子

所在地   〒632-0123 奈良県天理市長滝町294

森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様