· 

いつも、ここから

150人を超える世界のリーダーたちが2015年9月25日「国連持続可能な開発サミット」で、持続可能な開発目標(SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択してから5年が経ちました。

SDGs17の持続可能な開発目標は貧困、飢餓、不平等に終止符を打つこと、気候変動と環境に関する対策を講じること、医療と教育へのアクセスを改善すること、強力な制度とパートナーシップを構築すること等を狙いとしています。

ヘレン・クラーク総裁は「私たちは気候変動の最悪の影響を阻止できる最後の世代であると同時に、貧困を根絶できる富と知識を備えた最初の世代でもあります。これを実現するためには、私たち全員が大胆なリーダーシップを発揮する必要があります。持続可能な開発目標(SDGs)の達成という課題に向けて立ち上がる用意が国際社会全体にあれば、持続可能な開発を達成し、それによって人々と地球の前途を明るくする可能性が開けます」と語りました。

この“私たち”には、もちろん私もあなたも含まれています。

 

どこか遠くの国で、見たことも会ったこともない人たちが決めた事ではありますが、私たちひとりひとりの意識と行動を変えていくことでしか、“国際社会全体”の動向にはなり得ず、人々(私たち)の未来を明るくする“可能性”すら失ってしまいます。

 

1人の人間に出来ることは小さな事かもしれません。

実際、こんなにも小さいのかと日々実感しています(笑)

 

森のようちえんウィズ・ナチュラの地域との交流や天理市高原地域の人々を巻き込んで繋がりを求め開催しているてんり高原マルシェ、自分たちの想い・行動を発信していこう、繋がっていこう、との想いで発行しているフリーペーパーサステナme、などなど、これら全ての先にあるのは明るい未来のために今“私たち”にできること。

自分の意識を少しだけ変えて、新しい知識との出会いに胸躍らせて、日々の暮らしの中に未来を明るくする種を一緒に植えませんか?

「いつも、ここから」

今居る場所で、今周りに居る人たちと、今始めましょう!


森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様