· 

大地、太陽、自然の恵みに感謝して

5月下旬、登園自粛期間中に天理市長滝町で町内に住むナチュラっ子たちが地元の方々と一緒に田植えをさせてもらいました。どろんこになりながら、大地を全身で感じながらの田植え。

稲はぐんぐんと生長し、イノシシによる襲撃にも即座に対応していただきながら、いよいよ稲刈り!

代表岡本とみんな大好き“小西のおっちゃん”
代表岡本とみんな大好き“小西のおっちゃん”

稲刈りの前に、刈った稲を束ねる縄を藁で作る作業。掌全体を上手く使いながらねじねじ、そしてねじねじ。コツをつかむまで見よう見まねでねじねじ。これがなかなか難しい。。。

その後鎌を持っていよいよ稲刈り開始!

始めこそ様子をうかがいながら...でしたが、次第にみんな集中して無言で刈る。傍らではその刈られた稲を束ねる作業も。気がつけば一瞬で終わっていました。

お昼ご飯に、と新米をいただきみんなで秋晴れの空の下炊きたてかまどご飯を頬張りながら、大地、太陽、自然の恵みへの感謝を、そしてみんなへの感謝を五感で感じる瞬間がそこにありました。

ご飯の後には栗拾いにも連れて行っていただきました。愛溢れる1日に今日も「ありがとう」

 

森のようちえんウィズ・ナチュラ保護者 クーチェ


森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様