· 

廻れエナジー!

今回、一緒にマルシェを盛り上げてくださった「コープでんき」さん。
マルシェとの協同ブース
\\  でんきを知る・つくる・つかう  //
発電体験ブースやエネルギーのお話会

音楽の流れる自転車発電。
一曲漕ぎきったお父さんに拍手!
子どもたちに人気だった手廻し発電の鉄道模型。年長の娘は、回した力が電気と変わり伝わっていく様子を説明してもらい、「あんな、手で回したら電気が通ってシマシマのとこにいって、車輪が動くねん♪」と話してました。
回る→電気がつくられる→動く
目で見える(わかる)、発電の仕組み。

エネルギーのお話会はおとな版、子ども版と2回行いました。
おとなの話は「選択」を中心に。東吉野の水力発電、つくばね発電所のお話も…(いつか見学に行きたい) 興味の拡がるお話は、私たちの選択が未来をつくっていくことを考える機会になったのではないかと思います。
子どものお話会は、「でんきから考える地球環境を守ることって?」をテーマに、事前に申込みのあった子どもたちの質問をもとに、「でんきってどうやってつくられているの?」ということをディスカッション形式で。
でんきは見えるの?
見えるでんきあるよ。
⁇⁇
あっ!○○かな!
私たちのよく知ってる自然現象のなかにある、でんき。みなさんにはわかりますか( ´∀`)
お話会後の自転車発電への興味が、お話前より深くなっていて、体験と知識が繋がる学びの場となっていました。

エネルギーのブースをマルシェでしたい!
ならコープでんきさんのご協力があり、実現できた体験ブース…
ならコープでんきさんは、保護者会が発行している季刊誌サステナme のご協賛企業として、サステナmeにサポートいただいています。このご縁があり、今回の協同ブースに繋がっています。
このサステナmeの協賛をお願いした時のこと、、昨春に発行スタートしたサステナme。発行部数は2千部ほど次の号もたくさんの方へ届けたい…そのための印刷費用の捻出は、私たちの課題の1つでした。

奈良へ越してきた際に電力会社を調べた時に知った「ならコープでんき」さんが浮かびました。
単に広告とならずに誌面の一つとして読者に伝えたいことが載せられると思い。
それまで、いわゆる営業とは無縁で生きてきて、いやいや苦手分野であって、思ってみたものの行動に移せないまま数日が過ぎ、でもやるしかないーとトップ営業ウーマンだった先輩母からのアレコレを胸に「私はMちゃん(先輩母)」と暗示がけて笑、飛び込み…いや突撃電話に至ったのです。
電話に出られたのは、今回もお世話になった伊東さん。
突然の電話にも関わらず、お話を聞いてくださったことに今も感謝しています。そして、なんとウィズ・ナチュラを知ってくださっていたことに驚き!

一年前の第一回目のてんり高原マルシェのサステナmeシネマ上映会。自然エネルギーと地域再生をテーマにした映画「おだやかな革命」。この上映会がきっかけで、伊東さんは、私たちウィズ・ナチュラを知ってくださったそうです。
いやぁ〜、上映会してよかった‼︎‼︎と、この時、どんなに思ったことか…。
私たちの活動や想いにご協賛いただき、こうして良い関係をつくらせていただけております。
この度の協同ブースづくりにおいても、先に描いている社会・未来に共通するものがあり、共に発信していける喜びを感じました。

未来に向けて、多様に他様に手を取り合っていく姿を子どもたちにも見せていきたいな!

またワクワクを膨らませ、実行するのみ!と誓うような、マルシェでの私の発電体験でした。

 

年長児保護者 あすかちゃん

てんり高原マルシェサポートや季刊誌サステナme協賛、私たち一緒とおもしろいこと、持続可能な未来へ向けた取り組みを一緒に考えて一緒に挑戦して下さる方(企業様)、お話しましょう!

 

森のようちえんウィズ・ナチュラ 保護者会サステナme


森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様