はぐみぃクラブ

年に数回

はぐみぃ母・ようちえん在園児母・卒園児母やスタッフなど

"ナチュラファミリー"が共に対等に学び合い、

ナチュラが大切にしているものに

出会ったり確認したり

新たに構築する場として、

その時のねらいに沿ったメンバーで開催しています。

参加者一人一人が、

"母"や"女性"といった枠にとらわれず

"私"として集い、

自分と他のメンバーとテーマについて

深め合う時間となっています。


2020.12.15 『親子時間』
およそ2ヶ月前、ナチュラ代表まゆさんとどんなお話をしたいかな…とみんなで思い巡らせた時に出たテーマ。
親子で向き合い物理的に共に過ごす時期から、次第に子ども同士・第三者の大人との関わりが広がっていく頃、『親子時間』はどう形を変えていくのだろう?または、変わらず大事にしていきたいものって何だろう?そもそも『親子時間』って何?

んなでそこを深めていけたら…となりました。

今回、はぐみぃっ子達は在園児母(しか組)と卒園児母(大仏組)が託児をしました。
普段は母の近くで伸び伸びと自由に遊び回る子どもたちだけど、母が自分から見えない別の空間に行くとなると話は別。
「離れたくない〜〜」

「ママが行くの嫌だ〜〜」

「寒い〜〜」
なかなかお母さんを手放せない!
それぞれの親子のドラマがあったけど、お母さん達が『今日は集中してはぐみぃクラブに臨みたい』と腹を括り、子どもたちときちんと話をしてきたこの日。

その想いを受けて、しか組大仏組みんなどっしりと子ども達を受け止め(子どもの気持ちの真ん中を探りつつ、泣き叫ぶ子を抱っこしたり、母の元に行こうとする子と話をしたり付き添ったり…)、真冬の寒波の中90分間を共に過ごしてくれました。
この託児という機会も、自分とわが子とのつながりや新たなチャレンジ・仲間との信頼関係をじっくり味わう場になりました

 

さて、

『親子時間』というキーワードを元に繰り広げられるまゆさんのお話。

あたたかいお茶とお茶菓子のお心遣いに感動しながら、心身ほぐれてスタート!

 

「親子時間とはこういうものだよ」という話とは、全く角度が違う!!


みんなは幸せについてどう思う?
対話ってどういうこと?
すべては考え方次第!
頭ではなく、心で受け止め発信していく…etc.

『幸せ』は、なる・手に入れるものではなく、日常や自分の中に在るもの。それをいかに感じることができるか、その感度を高めていくことが肝心。親子時間はそのチャンスの宝庫!
子ども達は日々目まぐるしくこころとからだを動かして生き、たくさんの感動を生み出している。「こんなことできるようになったんだ!」「何この発想、面白い!」「熱中してる後ろ姿、可愛いなぁ…」。子どもと過ごしていると、些細なことに幸せを感じる瞬間がたくさん在る。(大人同士の日々ではなかなかそうはいかない!)  ゆったりと親子で向き合えるこの短い期間に、親子でたくさん心を動かして幸せの感度を高めておけば、自分のその後の人生で幸せをたくさん見出すことができるようになる!これって、子どもからのものすごく大きなギフトだなぁ。

そうは言っても、大人のその時の状態や受け取り方で幸せが感じにくくなる時はある。(子どもは変わらない!) けどそれも、自分の考え方次第。いいように捉えていいように未来を描けばいい。

「あ〜またやっちゃった、なんでだろ」から「こういう時を経て成長していくんだろうな〜」とか、

「前こうやって失敗しちゃったから、こうならないようにしよう」から「こう捉えたらこうも考えられる、そしたらきっとこうなる!」と。
目の前で起こっている事象が同じであれば、後者で捉えた方が得だしワクワクしませんか?希望ある未来を描くのは、自分の『思考』次第なんだなぁ。

その『思考』も、自分との『対話』。私はどうしたい?どんな自分でありたい?本当はどう思ってる?…自分というお友達と心のやりとりを続けて思考の本質を捉え、それをただただ受け入れたり、時に発信する作業。
子ども(他者)に対しても同じことで、私は今どう感じてる?あなたはどう?…実際言葉を交わしたり二人の時間を感じたりしつつ、
私たちはどういう関係でありたい?そのためにいまここで私はどういう行動を起こす?…という対話を自分の心の中でも同時進行的に行う。
根気がいることだと思うけど、この思考の繰り返しが自他との対話ってことなのかなぁ。
その思考も、頭(≒過去の経験に基づく考え)だけでぐるぐる回っていたら、前進していかない。そこに「こうなりたい」「こうありたい」想いが乗ってこそ、過去の失敗が生きてくる。心が成長の原動力になるということかなぁ。
『親子時間』『幸せの感度』『対話』『思考』『頭だけでなく心を動かす』…違う話のようで、全て繋がっている。

まゆさんのお話、いまここわたしはこう捉えました。明日違う場所で同じ話を聞いたら、違う捉え方になるだろうな。そして、日々起きていることを楽しんでいくこと!これに尽きる。単純なことだけど、難しいこともわかってる、けど改めて挑戦していきたい!そう気持ちを新たにしています。

そこに集ったメンバーそれぞれがまゆさんのお話をどう受け取ったか…それを出し合ってみんなのこと自分のこともっと知っていきたいな。
仲間との心の交流って、ワクワクして楽しい!これぞはぐみぃクラブの醍醐味。
そしてまゆさんの姿や言葉は、子どもを見るときと同じように、未来は明るい!と思わされる。こんな人と出会えて幸せだなぁと、心から思う。


お話の途中でお母さんの元にやってきた子、終えて迎えに行った子。たくさん泣いて気持ちを出したね。そんな子ども達と再会した時のはぐみぃ母達の顔がすごく凛としていて眩しかった。母達はこのままでいたらいい、そんなことを感じました。

みんなでこんな時間をつくることができて、心から感謝と幸せの気持ちでいっぱいです。
まゆさん、みんな、ありがとうございました!!

はぐみぃ0歳児保護者 兼 ようちえん年少児保護者 りえぽん

 



森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様