最新のお知らせ♬


どの子どもも平等に幼児教育・保育の無償化制度の対象にしてください

《 幼児教育・保育の無償化制度に対する署名にご協力お願いします 》

園の種別に関係なく

どの子にも 平等に 大切にされる権利を😊

 

認可幼稚園・保育園ではない特色ある幼児教育・保育を行う団体が国内の都道府県に数多く存在し、

そこへ通う多くの家庭は現制度では対象にはなっていない現状。

幼児期の豊かな育ちを願い、選択をした保護者や、そこで育つ(育った)子どもたちがいることを…
知ってもらいたい。

制度の見直しを望み、署名を集めています‼️

①署名用紙へ直筆の署名
②下記リンクでの電子署名

①②両方してしまうと無効となるため直接会える方には、より有効性のある直筆の署名をお願いしたいです‼︎

お会い出来ない方は電子署名や、署名用紙をダウンロードすることも可能なので
ぜひぜひ、ご協力よろしくお願いします♫

 

あなたや仲間たちが過ごし育った場が子どもが豊かに育ち合う場所として、
この先も選択肢の1つとして在り続けることを願って…

子どもたち一人一人に平等な社会へ向けて…

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

※賛同していただける団体の方は、
・団体名・住所・代表者名・連絡先 を記載の上
info-hoiku@morinoyouchien.org までご連絡ください。
 (国に要望書を届ける際にも添付書類とさせていただきます。)

 


運動会2019

 

運動会を開催できる場所を探しているときに地元の方から「ここ使い~」と提案された場所は草が生い茂る空き地でした。

その後長滝町の方々の連日の作業でみるみるうちに草はなくなり、地面は平らになり、こんなに広かったのか!と驚くほどすてきな運動場に大変身。優しさに溢れるこの場所で運動会が出来る喜びが開催前からこみ上げてきていました。

そして迎えた当日。朝まだ小雨が降る中、並河天理市長も激励に駆けつけてくださり、開会のころにはすっかり雨も上がり運動会日和に!

長滝町のみなさま、卒園児家族、在園児の家族や親戚、来春入園予定のきのこ組のみんな、沢山の人々の笑顔に包まれて、悔し涙を流したり、嬉しくて飛び跳ねたり、ココロもカラダも大忙し!

みんなの「これがやりたい!」が詰まったプログラムは子どもたちがスタッフと一緒に考えたものでした。綱引き、かけっこ、オンリーワンリレー、松ぼっくり入れ(玉入れ)、リズム体操、パプリカダンス、ハンモックリレー、ネイチャーゲーム、などなど。

歌声や笑い声、叫び声や泣き声、応援する声。いろんな声はいろんなきもち。みんなのこころが溢れた1日となりました!

運動会の様子はブログFacebookでもご紹介しています。

 


2020年度入園説明会

 

親子組はぐみぃのメンバーはじめ、9組のご家族が参加くださいました。

ウィズ・ナチュラ代表による森のようちえんウィズ・ナチュラの理念や大切にしていることの話、保育スタッフによるようちえんでの活動や1日の流れの話、在園児保護者代表による入園前~後の体験談、そして現保護者との座談会、と盛りだくさんな内容でお届けしました。

真剣に心を寄せ、耳を傾けてくれるお母さん・お父さんの側には、長い時間頑張って待ってくれた未来のナチュラっ子たち。

 

来年の4月が待ち遠しいです!

 


いよいよ夏休みに突入!

 

2019年度1学期が終了し、暑い熱い夏休みが始まりました。お世話になった皆様、ありがとうございました!

 

6月には本格的に拠点を天理に移し、活動拠点となる長滝町では地元の方々とふれ合いながら、また温かく見守っていただきながら、楽しくも刺激的な日々を過ごしてきたナチュラっ子たち。

長引く梅雨のため存分に堪能できなかった川遊びを満喫すべく、夏休み中も時々長滝に出没予定です。

 

シカ組ことようちえん保護者もまた、子どもたちに負けず劣らず、涙と汗にまみれる予定です!

 

夏休み中の、そして2学期からのウィズ・ナチュラも、どうぞお見逃しなく!

森のようちえんってどんなところ?


森のようちえんは、自然体験活動を基軸にした子育て・保育、乳児幼少期教育の総称で、デンマークの一人のお母さんが『子どもたちを自然の中でのびのびと遊ばせたい』との思いから、毎日森で自然体験をさせたことが始まりとなって、ドイツや北欧諸島を中心に広まりました。

日本でも、最近ではメディアなどにも取り上げられてる森のようちえんが増え、全国的にも広がりを見せています。鳥取県や長野県、広島県などでは森のようちえんを認証する動きも出て、豊かな自然環境での保育や子育てが進んでいます。


ようちえんのこと


少人数制の縦割り保育。

年間を通して雨の日も雪の日も野外で活動します。

少人数の友達同士での密な関係の中から、沢山のことを感じて、強く優しい心を育みます。

自然の中で様々な命とともに活かされていることに気づき、自然への畏敬の念を抱けるような体験活動を大事にしています。


【ようちえんの一日】

 

8:30~9:30 登園

9:50~   絵本の読み聞かせ 朝の会

10:00~   自由遊び(森の散策、虫取り、川あそびなど)

11:30~   ランチタイム(自炊やお弁当など)

12:30~   自由遊び

14:00~   絵本の読み聞かせ 終わりの会

14:00~16:30延長保育(2018年9月より開始) 

 

※冬季時間 短縮あり

その日の子どもの様子や気候により、場所や時間は多少変更あり

 

【活動曜日】

月曜日~金曜日

 

【対象】

満3歳~6歳(年少~年長) 

 

【保育料】

年少~年長 1人あたり 37,000円

 

【活動場所】

天理市高原地域や近隣市町村の里山

 


スタッフ紹介


ジェシカ

保育スタッフ 西野美佳

●保育士資格

●幼稚園教諭二種免許状

いつもニコニコおしゃべり大好きなジェシカ。虫が好きすぎて、どんなに擬態化していても、ジェシカにかかるとすぐに見つかってしまう!特技は虫と会話が出来ること。ホントかどうか聞いてみてね!

のぶくん

保育スタッフ 山本展明

●京都大学大学院在学中

 

のぶくんは森博士!虫や魚、生き物のこと沢山教えてくれるみんなのお兄ちゃん的存在!京都大学大学院在学中で、森のようちえんにおける子どもの育ちについて研究中!