シカトーーーク第2回開催しました!


第2回シカトーーークにご参加いただきありがとうございました。

 

今回はこの春にナチュラを卒園した二人のお母さんを招いて、幼稚園での3年間、子どもの育ち、協働運営のこと、小学校へ入学してからの様子など、参加いただいた方の質問を元にお話ししてもらいました。

 

ようちえん生活で辛かったことや嬉しかったこと、楽しかったこと、その中で芽生えた仲間との絆、包み隠さずお話ししてもらえたことで参加者の方々も入園前にある不安や疑問も少しすっきりして帰っていただけたのではないかな、と思います。

 

在園の保護者も、卒園児の逞しくまっすぐな心の成長を聴くことができて、我が子の小学校生活が楽しみとなりました。

 

 

参加された方からの感想をご紹介します。(一部抜粋)

 

「森で育ったから、公立で育ったからといって小学校に馴染む、馴染めないではなく、どんなところで育ってもその子の資質による。

けれど、ナチュラで三年間過ごして、心と体が繋がっていること、自分の行動に責任を持つこと、自分はどうしたいか、体調を自分の体に聞き、時には休憩をする、小学校でも自分らしさを失わずに過ごしている、という話が印象的でした。... 前回とは違い、母とすんなり離れ遊ぶ我が子の成長にも感動。ちびっ子サポートも本当に感謝です。...」

 

第2回シカトーーークも笑いあり、涙ありの時間となりました。終了後、参加された皆さんの晴れやかな顔が印象的でした。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、ここは「百考は一聞にしかず」!

一人で思い悩むより、聞いて話していきましょう!

 

次回の開催が決まり次第、こちらでお知らせいたします。


【シカトーーーク第2回ゲスト】

 

森のようちえんウィズ・ナチュラ 一期生のお母さん

マカちゃんとゆかてぃんより

 

「ナチュラで3年間過ごし、この春からそれぞれの小学校生活が始まりました。小学校の生活が始まったからこそ、改めて子どもから感じている森のようちえんのエッセンス。そして振り返った時のウィズ・ナチュラでの3年間。

初めての卒園生とその保護者が感じる〝今”を一緒に感じてみませんか。」