2021年度 ナチュラ高原便り 1学期


2021年度の始まりは、天理市長滝町。新入園児や編入児が加わり、賑やかにそして穏やかにはじまる森での日々。

田んぼでの泥遊びやヒマワリの種ダンスで大地と戯れ、大雨や雷、暑い日の冷たい川の水や木々の間からやってくる風に教わったり、助けられたり、日々地球を丸ごと感じるナチュラっ子たち。毎日「やりたい!」があふれ、それを丸ごと受け止めてもらいながらすくすくと大きく成長しています。

今学期はフィールドに沢山のお友だちが遊びに来てくれました。森での健康診断や絵本作家さん、森のようちえんウィズ・ナチュラの活動に興味を持って見学や視察に来てくれた大勢の“少し大きなお友だち”のみなさん。また遊びに来てくださいね~

「地球上のみんなが安心して暮らせる日々が、一日でも早く訪れますように!」


2学期

実りの秋から始まった2学期。栗拾い、稲刈り、脱穀、さつまいも掘り、枝豆や椎茸の収穫など地域の方々の温かいご協力の元、自然の恵みを丸ごと体験していく子どもたち。森のようちえん全国フォーラムでいのちの力スイッチオンしたみんなは次のステージへと進んでいきます。運動会では高い空の下、眩しく輝く子どもと大人の姿がありました。秋が深まり子どもたちの内面も深まって話し合いもふか〜くなり、仲もふか〜くなっていきました。降り積もる落ち葉と青い空、宝石のような冬の木の実たち。いつも私たちと共にいてくれてありがとう。最後に森のクリスマス会。森に歌が澄み渡る。2021年も日々一生懸命な私たちに歓びを!みなさん来年もどうぞよろしくお願いします。


森のようちえんウィズ・ナチュラ季刊誌サステナme協賛企業様