サステナmeシネマ

サステナmeシネマは、私たち森のようちえんウィズ・ナチュラが大切にしたい子どもをまん中にした社会や、持続可能な社会の実現に繋がる映画の上映会を開催してまいります。

てんり高原マルシェにて年間3~4回ほどを予定しております。

「食」、「農業」、「教育」、「地域活性化」などをテーマにした作品を主に扱い、地域の皆さまを始め、たくさんの方と一緒に、より良い未来について考えていきたいと思っています。


シネマサポート料 

大人(高校生以上)事前予約 1,000円/当日 1,200円

定員 40名

 

*会場内でご飲食いただけますが、他のお客様の鑑賞にご配慮ください。

*お子さまも一緒にご入場いただけます。会場内にお子さまが鑑賞できるスペースを配置予定ですが、賑やかになってきた場合には一旦退室いただくなどのご配慮をお願いいたします。


第1回 渡辺智史監督作品「おだやかな革命」2019年8月18日 

原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。

放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。

岐阜県群上市の石徹白、集落の存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業。

さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業が連携して進めている秋田県のにかほ市の市民風車。

自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西粟倉村の取り組み。

都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれの「暮らしの選択」の先には、お金やモノだけでない、

生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が広がっていた。

成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。